マビノギ日記 エリン生活記2010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WIZソロTIPS@弓・人形スイッチ

久々に更新してみたら応援メッセージも頂くことができ、とても嬉しかったので、
もう書くネタないなと思いつつ調子乗って戦闘記事を少し上げてみたいと思います。
近接と弓だけで止まっていたWIZソロTIPSの続編。
(毎度のことながら、とにかく長いのであんまり真剣に読むと疲れちゃうかもです、、、)


私はマビ休止する少し前くらいから、ちょっと人間育成に飽きてきてしまってたので、エルフに手をつけ始めたんです。
休止前の3ヶ月くらい (?) と、復帰後1ヶ月。計4ヶ月くらいでしょうか。
その期間エルフを触ってきて、つい2週間くらい前 (?) にマスター人形術師になったので、最近弓・人形スイッチの練習をしてたりします。
まだ期間は短いですが、弓・人形触ってみて自分的に思った立ち回り的なものを書いてみようかなと。人形の立ち回りとか今更なのかもしれないですが…。復帰勢なのでそこら辺はご容赦!
まだまだ模索中なので、最速最善!みたいな方法ではないとは思うのですが、色々やってく中で何となく立ち回りやすかった方法をご紹介できればなと。

まず本記事の前提環境ですが、
・エフェクトペットの販売も結構何度もされたので、今回はいつもより少し多めでエフェクトペットは計6、7匹くらいを想定してます。
・細工の有無は悩みましたが、細工は出来る限りなしを想定してます。
弓・人形スキルは全て1を想定してます。

とりあえずこのくらいで。

沸き方による初撃クラショの条件分岐


WIZも沸いたときの敵の配置が結構バラバラですよね。
なので今回は、まず初撃にクラショを当てようとした際の初動を大まかに3パターンで解説してみたいと思います。

パターン1
20140507_001.png

ある程度のカタマリがあって、1匹だけ外れてたりするパターン。これは分かりやすいですね。
20140507_002.png
クラショの範囲をこのくらいと想定し、
ワイヤープーリングで外れた1匹をクラショ範囲内に入るように引っ張ります。
20140507_003.png

その際に引っ張る対象以外の敵を、ワイバーンなり雲なりで足止めしとくといいと思います。(ワイバーンだと防御保護も下がりますし、ちょうどいいですね。)
20140507_004.png

その後クラショで1撃目を済ませます。




パターン2
20140507_005.png

横に長く配置されたパターン。このままだと真ん中の敵にクラショ当てても左右が漏れるんですよね。
20140507_006.png

なのでどっちか一方の端っこをまずプーリングで寄せます。
20140507_007.png
それにより中心点が変わり、全ての敵がクラショ範囲に収まるようになります。(先ほど同様にプーリングする対象以外を足止めしときます。)
20140507_008.png

パターン2の初動はこんな感じで。




パターン3
20140507_009.png

ワリと広範囲に散っちゃってるパターン。一番めんどくさいです。
20140507_010.png

この場合、無理に全ての敵を収めようとせずに収められる最大数で妥協してみます。
漏れてる1匹をプーリングで寄せて、クラショの範囲内に寄せつつ、クラショの基点を作ります。
(引っ張った敵が上手いこと中心点にならなくても大丈夫です。その場合は中心にいる敵にクラショ当てたらいいと思います。)
20140507_011.png

ここでもう一方は範囲内に入らなくても無視してしまってますが、プーリングしつつエフェクトペット出した際に、出来る限り漏れてる1匹もエフェクト攻撃に巻き込むようにはした方が良いと思います。 (特にその漏れた1匹がアクティブなタゲであれば尚更)
20140507_012.png

で、先ほど寄せた敵を基点にクラショを撃つわけですが、撃ったあとにすぐに (爆発を待たずに) 先ほど無視していた敵をプーリングで寄せます。
20140507_013.png

この際、今まではプーリングで寄せつつエフェクトペットで足止めしてましたが、今回に関しては初撃クラショの爆発最中のプーリングになるため、クラショ破片のヒット硬直がエフェクトペット代わりとなりますので、ペットは出さなくても問題無いです。
20140507_014.png
これで最初は散っていた敵が全て一定範囲に収まってる形となりますので、次のステップに移ります。



計3パターンの初撃クラショまでの動きを上げてみました。
今現在の敵の状況はパターン1・2が初撃クラショを当てたヒット硬直中
パターン3が初撃クラショ時点で漏れていた1匹を、クラショのヒット硬直中にプーリングで寄せ、範囲内に収めつつ、他の敵の硬直が切れた状態となります。
※クラショクリで全敵、あるいはほとんどの敵が落ちた場合はひとまず割愛します。

初撃後から人形へのスイッチ


次の行動ですが、
パターン1、2はここでスイッチして人形を使います。

人形ですが、自キャラの人形火力によって行動が分かれます。

(A) 人形の火力がそれなりに高く、狂乱の疾走で確実に落ちる場合
(B) 人形で疾走しても落ちるかどうか心配だという場合

まず (A) の場合ですが、現在クラショのヒット硬直中ですので、その間に自キャラを敵のカタマリの端に移動させます。
20140507_015.png
移動完了させたら人形を出し、疾走させます。この際、人形だしてから端に移動させると時間食うので、自キャラが移動してから人形出すようにした方が良いかと思います。
(端までの距離がそこそこあって、敵の硬直時間が間に合いそうになければ適宜アイドラなり雲なりで足止めしてから移動するといいと思います。)
(A) の場合はこれで沸きが全て沈むことになるので、ひとまず終了です。疾走している最中にクラショのCTも終わってるはずなので、次沸きもこれまで同様、初動のパターン分けから仕切りなおします。


次に (B) の場合。
こちらは人形 (狂乱の疾走) で落ちるかがちょっと怪しい場合となりますので、疾走直当てはせずに、ひとまず誘惑で敵を集めつつダウン硬直させる、という方向性を試してみます。

初撃クラショ終了後からの流れですが、一定範囲に収まっていて、且つクラショのヒット硬直中ですので、その間に人形を出して敵のカタマリの中心辺り(先ほどクラショの基点にした敵がいた辺り)に移動させます。
恐らく、初撃のクラショは自キャラを敵カタマリの中心辺りに移動させて撃ったと思うので(基点の敵に接射したはずなので)、自ずと人形も大体中心点あたりにポップするはずですから、移動は微調整レベルじゃないかなと思います。

調整移動完了した辺りで敵の硬直が切れる頃だと思いますので、間髪入れずに誘惑準備→発動。これで敵が一気に集まります。 (仮に漏れたとしてもそちらはとりあえず無視するか、漏れた敵がアーチャとかでレンジ準備してるとかだったらプーリングで寄せるかでいいと思います。)

私自身の場合、疾走で落ちるか怪しい場合はまず嫉妬の鬼をして削りますが、嫉妬で敵が散ってしまうので、そのための誘惑となります。
先ほどの誘惑で一箇所に集めてますので、その脇から嫉妬を当てることで、飛び散るといっても方向や範囲がある程度予測しやすくなります。
20140507_016.png
上図のように当てることで緑の範囲・方向で飛び散っていくと思われるので、同方向に向けて疾走をすれば追撃が可能になります。
この際 (カタマリに嫉妬の鬼を使う際) 、エフェクトペット数に余裕がある人であれば、起き上がりに雲なりなんなりを重ねて固定させておけば安全に嫉妬できます。(ついでに敵が漏れていたとかなら巻き込んで時間が稼げます。)
※誘惑でダウンしているため、誘惑後すぐにペット出しても無敵状態で効果が通らないのでご注意下さい。

これで (2) の場合でも敵がほぼ落ちるはずだと思います。仮に残った敵はレンジなりで倒しきって1沸き目完了です。


続いてパターン3の行動です。
パターン3は、先ほど書いたように「初撃クラショ時点で漏れていた1匹を、クラショのヒット硬直中にプーリングで寄せて範囲内に収めつつ、他の敵の硬直が切れた状態」となりますので、
1、2とは違い現在敵はもう既に動ける状態となってます。
元々沸きが散り気味だったこともあり、無理に人形にスイッチするよりかは、プーリングの最中にクラショCTが切れていると思うのでクラショにしてしまった方が早いかなと思います。

敵の硬直は切れているので、再度エフェクトペットで足止めするとラクです。ペット操作慣れている方であればサラブなんかでアクティブのタゲを捌きつつ、足止めしつつクラショをしますが、この時、大体の形がパターン1・2の初撃クラショ状態に近い形になっているのではないかと思います。
なので、このクラショの後の行動はパターン1・2の2撃目人形の流れと大体同じ形で良いかと思います。 (たまに、あまりに散りがひどい場合がありますので、その場合はプーリングとクラショを繰り返した方が無理に人形使うよりグダらないこともあります。)

以上が沸きに対する私なりの行動パターンです。
この各パターンを沸きごとに繰り返ししていけば、ある程度慣れは必要なものの、弓と人形のスイッチが気持よく行えるんじゃないかなぁと思います。

この記事では、極力「細工なし」の装備を想定して書いたので、ちょいちょいプーリングで範囲内に収めるよう書いてますが、
誘惑範囲細工なんかがある人であれば、プーリングの回数も減ったり、行動手順が若干変わったりするんじゃないかなと思います。その辺りは自分の装備と照らしあわせて、臨機応変に変えてみるといいですね!


長くなってしまいましたが、久々の戦闘記事はこの辺で!
復帰したばかりで私自身まだまだ模索中なので、こんな立ち回りいいよ!って意見があれば、是非是非教えていただければなと。

ではでは、また今度。

テーマ : マビノギ  /   ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

ホーム このページのトップへ
プロフィール
author ちゃたーに
character ちゃたーに/人間(メイン)
ちゃたーぬ/エルフ
server タルラーク(旧キホール)
guild -
activity time
  • 22:00~24:00(平日)
  • 昼~深夜(休日)
memo

ブログは残してます。

初めての方へ

皆様へ
当ブログで使用している画像データの著作権に関しましては、株式会社NEXON及びdevCAT様に帰属しており、複製・改変・転載等一切の行為を禁じます――と、お約束は忘れずにお願いします。
その他のブログ画像パーツは管理人であるちゃたーにの作成によるものです。
権利者様へ
当ブログで使用しているキャラクター画像の権利者様は、何か不都合がございましたら、お手数ですがメールよりご一報下さい。即時対応いたします。
RSSについて
当ブログでは、RSSを配信しております。
RSSって?

管理人にメール

名前
メール (任意)
件名 (任意)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。